| メイン |

2009年10月28日

農の新しい供給者を養成する、「農家のこせがれネットワーク」の可能性!

出勤前の朝の時間で学ぶ「丸の内朝大学」は、3学科5科目でスタートしたそうですが、10月から始まった第3期は15科目となり、順調に受講者が増えているようです。
その中の3農業クラスをNPO法人「農家のこせがれネットワーク」の農業プロデューサーが講師で担っているようです。

nougyou-daigaku.JPG
 クラスの特徴は、全国の若手農業者らでつくる「農家のこせがれネットワーク」の講師陣が、農業を始めた経緯や収入、地域との付き合い方など「生の農業」を語ることだ。「本当に有機がいいの」「女性農家から聞くお茶とキノコの話」などのテーマで講演し、梨狩りもある。
 「土いじりをしたいと思っている都会の人は実は多い」と、企画した古田秘馬さんは明かす。「こせがれ」の宮治勇輔代表(31)は「受講者と同じ目線を持つ若手農業者が、基本的な生活スタイルから職業の魅力まで語るのが特徴。誰でも入りやすいような内容になっている」と語った。
読売新聞>教育>教育ルネサンス>(10)都心で膨らむ就農の夢

応援のクリックお願いします

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ


「こせがれネットワーク」は、担い手不足で危機的な日本の農業を、農家のこせがれが実家に戻って農業を継ぐことで解決しよう、ということで立ち上げたNPOということです。そのためには、市場の原理に翻弄されないネットワークを構築して背中を押そう、という消費者が必要だし、田舎に戻った時の仲間が必要だし、所得向上のためには新商品や加工品開発も必要ということで、それらのサポート体制も整えているようです。事業内容をみてみると、
・年間12000円会費のサポーター会員を募る。
・イベント開催して農家と生活者をつなぎ、支援者を募る。
・全国各地の農業による地域振興活動を担う「農業プロデューサー養成講座」がある。
・こだわりの農産物を取り扱いたい飲食店や小売店と生産者をつないでいる。
・全国の農家こせがれたちが日替わりで登場するレストランを運営する。
 →生活者が農家を発見し直接つながりを持つことのできる、出会いの場とする。
・農家所得向のために耕作放棄地を取り込んで生産面積を増やす、という形で
 「耕作放棄地Oプロジェクト」を推進する。
・リファーム農学校を開催して、
 →農家の農業経営学習意欲や、農家こせがれの就農前の見聞意欲や、
  新規就農者検討者の検討や、生活者の農業探究心に応えていく。
 →丸の内朝大学農業クラス。その講師役を、農家のこせがれ達が担う。

とあります。

▲「丸の内朝大学」の皆さんが草取り体験!  ▲「丸の内朝大学」のコンシェルジェ
大豆レボリューションさんからお借りしました   aquaorange.comさんからお借りしました。
単独で、グリーンツーリズムや農業体験などを手掛ける農業生産者はおりますが、「農家のこせがれネットワーク」のシステムは面白い、と思います。それは、
1)農家のこせがれが、親元に戻る前の新規就農のトレーニングをする。
2)既に農業に従事している生産者向けの、農業経営支援・養成もする。
3)付加価値を付けるための、加工業の支援や、さらには、
4)養成した生産者と飲食店や小売店とをつないで生産物の販路支援を行い、
5)地域農業振興のキイマンとなる「農業プロデューサー養成」を受けて一人前になれば、
6)新たな後進者や生活者への育成・発信の場としての「朝大学の講師」職を用意し、
7)朝大学受講者の体験農業を受け入れたり、
8)レストラン「六本木農園」に食材や料理を提供してアッピールできる。
などの多様なメニューに、その秘密がありそうです。
「朝大学」で後進や生活者に経験談を語ったり、地域農業振興活動での協働の中で仲間や先輩達から学びを得たりと、「農」にまつわる「学び」の需要と供給のサイクルが交互に廻っていくことが魅力で活力源になるのだと思われます。
一般の会社組織では、新人を迎えることでの新しい人間関係から活力が生まれます。農業生産場面では、農業体験希望者を迎えたり、講師となって朝大学に出向いたり、発信基地でもあるレストラン「六本木農園」に食材や料理を提供する事が同様の刺激になるように思います。
農業生産場面では、地道で夥しい活動が不可欠ですので、それに忙殺され勝ちです。そして、それが閉鎖的な人間関係に留まれば、刺激の少ない日々に埋没する可能性さえ孕んでいます。ところが、「農家のこせがれネットワーク」においては、外部との接点や交流が新たな期待課題となり、それに応える活動をすることが活力源となりそうだということに、大きな可能性を感じます。
—————————————-
農家のこせがれネットワーク
—————————————-
六本木農園
—————————————
丸の内朝大学「農業クラス~食の根本は農にあり~」
—————————————-
   by びん

投稿者 staff : 2009年10月28日 List   

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.new-agriculture.com/blog/2009/10/1012.html/trackback

コメント

大納言小豆にまつわる話題が豊富で読み応えありますね。お豆の調理は難しく崩れ易いのでついつい出来合を購入して済ませがちですが、ポイントを踏まえ調理チャレンジしてみます。栄養価や機能成分などお豆は魅力的ですね。

投稿者 和 : 2011年3月2日 22:01

gucci wallet serial number check 新しい「農」のかたち | 宇陀大納言(小豆)の紹介です。
replica hermes 2013 http://ovcf.com/replica-hermes-on-line-fall-2011-milan-style-week.asp

投稿者 replica hermes 2013 : 2014年1月16日 10:13

hermes store toronto ontario 新しい「農」のかたち | 宇陀大納言(小豆)の紹介です。

投稿者 hermes belt price : 2014年2月6日 22:21

hermes paris shop window 新しい「農」のかたち | 宇陀大納言(小豆)の紹介です。

投稿者 spain hermes handbags : 2014年2月18日 02:42

コメントしてください

*