2018年04月24日

グリーンインフラとは何か?

昨今、グリーンインフラという言葉が、建築・土木業界を中心に浸透しつつありますが、どういう概念なのでしょうか?

今回は、そもそもグリーンインフラとは何か?そしてグリーンインフラと農業の関係について追求していきたいと思います。

グリーンインフラとは?

グリーンインフラ研究会【リンク】の中村委員長の「ごあいさつ」からの引用です。

「自然の恩恵」が持つ可能性を追求し、様々な社会的課題の解決をめざして
南北に長く連なり、起伏に富んだ地形や、国土の大半を占める森林、多様な動植物を育む豊かな生態系-。わが国では、はるか昔から生活の中に「自然の恩恵」を柔軟に取り入れてきた歴史があります。こうした自然力を積極的かつ、有効に活用する社会資本整備や土地利用、防災などの取り組みを「グリーンインフラストラクチャ―(グリーンインフラ)」と呼びます。私たちは、人口減少や気候変動など社会的・自然的な条件が大きく変わろうとする今、わが国の社会的課題の解決に向けて、グリーンインフラの「可能性」を追求します。そして、行政、企業、大学、市民団体等との協働のもと、様々な研究や提言を進めてまいります。
以上、グリーンインフラ研究会運営委員委員長 北海道大学教授 中村太士

ポイントは、
「自然力を積極的かつ、有効に活用する社会資本整備や土地利用、防災などの取り組み」となります。
では、具体的にどのような取り組みがななれているか?参考事例を見てみましょう。

鹿島建設さんのHPからの事例【リンク5】です。

■屋上水田
都市部で整備されている市民農園の数は年々増加し、特に人口密度の高い地域でのニーズが高まってきています。しかし、菜園と比較して体験型の水田はほとんど整備されておらず、市民が稲作に関わる機会は非常に限定的となっています。鹿島は都市部のビル屋上を利用する屋上水田の提案を進めています。多くの人の目に触れる場所に水田を整備することで、トンボやメダカなど多様な生き物を観察することができます。また、農的景観を再生し稲作参加者間のコミュニケーションの場として屋上空間を有効に活用できます。さらに、ビル内の温熱環境改善、雨水の有効利用なども可能となります。
~中略~
ビル屋上などにある水田は、防水層を痛めるリスクがあるため機械を用いる作業の実施が困難であり、また、稲の刈り株などのゴミの処理が課題となります。鹿島はNPO法人雨読晴耕村舎と連携し、不耕起稲作と呼ばれる栽培手法を採用しました。これにより、代掻きなどの耕転を必要とせず、また刈り株などの廃棄物が発生しない維持管理が可能となりました。冬期は緑肥としてレンゲを播種し、水田からの土の飛散を防止するとともに、昔懐かしい農村景観を再現しています。

■稲作体験教室(屋上水田)
機械や化学肥料を使わず、レンゲを活用した昔ながらの農法を体験し、食料生産の場であり、生き物の棲み家でもある水田の多面的な機能を学習します。食への関心、身近な自然環境への関心を引き出すことに加え、共同で行う農作業の中で、様々な職能・立場の人とのコミュニケーションを通して、地域社会とのつながりを学ぶことができます。
以上転載終了
この事例では、都会の真ん中で農業ができるという事です。単に作物の収穫という事では無く、農を通じて自然も人も新しい関係で繋がっていきます。さて次回は、他の事例を取り上げてみましょう。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

続きを読む "グリーンインフラとは何か?"

posted by noublog at : 2018年04月24日 | コメント (0件) | トラックバック (0) List   

2018年01月02日

『微生物・乳酸菌関連の事業化に向けて』-46 ~微生物の起源-28 生命の起源をさぐるのは~

★芽生え

新年おめでとうございます。
本年もどうぞ、よろしくお願いいたします。

当ブログでは、この2年ほど、微生物の起源≒生命の起源を探ってきました。

それは、微生物の起源が掴めれば、人類だけでなく、あらゆる生命を救う手立てが、その本質が見い出せるのではないか。との思いが根源にあるからでした。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

続きを読む "『微生物・乳酸菌関連の事業化に向けて』-46 ~微生物の起源-28 生命の起源をさぐるのは~"

posted by noublog at : 2018年01月02日 | コメント (0件) | トラックバック (0) List   

2018年01月01日

過疎地発、教育イノベーション

みなさま、新年あけましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

無題

 

地方創生と叫ばれながら、現実には人口流出、過疎化に悩む地域は後を絶たない。

しかし、そんな逆境を逆手にとり、豊かな自然や地域のつながりを強みに、”過疎地発の教育イノベーション”を起こそうとしている人たちがいます。

本来、教育に求められているのは、「お勉強」ではなく、「いきいきと生き抜く力」を育むこと。
常識にとらわれない、豊かな発想に基づく彼らのチャレンジを紹介します。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

続きを読む "過疎地発、教育イノベーション"

posted by noublog at : 2018年01月01日 | コメント (0件) | トラックバック (0) List   

2017年12月28日

『微生物・乳酸菌関連の事業化に向けて』-45 ~微生物の起源-27 浅瀬、深海熱水噴出口の双方とも、生命発祥の起源ではないか(仮説)~

浅瀬か 深海か

微生物(生命)の起源は、その発祥となった場所は、『海の浅瀬なのか、海底の熱水噴出口なのか』見極めたい。

見極めるにあたって、「浅瀬起源説」(佐野千遥博士)をベースにして、追求してみたい。

===以下、佐野博士の仮説===
スミルノフ物理学派は、ソマチットを太陽の黒点から遣って来た負の質量のS極単極磁力子が生命体の体内に入り、生物的衣を被って進化した物と考える。

生命発生の4条件は
1)負の透磁率の場の存在
2)負の質量のS極単極磁力子の存在
3)圧電効果の存在
4)負の誘電率の場の存在

地球上で最初の生命体は太陽が燦々と降り注ぐ海の浅瀬で発生した。
繰り返すが水は元々負の透磁率である。太陽からは、太陽光の他に、負の質量のS極単極磁力子の集まりである黒点から放射されて遣って来た負の質量のS極単極磁力子が浅瀬の海水を負の誘電率へと転じさせる準備をし、波の上下方向の振動の半分のフェーズで圧電体が伸長して帯電し、その帯電の作る電場が、日光で温められた水面と水底の間のゼーペック効果による電場と順方向に並んだ時、負の誘電率が出現し、先述の海水に入り込んだ負の質量のS極単極磁力子の効果とも相俟って、波の上下運動の半分以上のフェーズで負の誘電率が実現する。斯くて、反エントロピー・プロセスが連鎖する環境が整ったのであり、合目的的代謝と合目的的進化を遂げる生命体が発生する4条件が整ったのである。
===

■仮説
上記の「生命発生の4条件」について、深海起源説と比較、重ね合わせながら、私なりの仮説を書いてみたい。

1)負の透磁率の場の存在
・水は「負の透磁率」なので、浅瀬でも深海でも、まずこの条件は双方満たしている。

2)負の質量のS極単極磁力子の存在
・上記文章に、「太陽からは、太陽光の他に、負の質量のS極単極磁力子の集まりである黒点から放射されて遣って来た負の質量のS極単極磁力子が浅瀬の海水を負の誘電率へと転じさせる準備をし」との一文がある。
この具体的なイメージはどのようなものか推測困難だが、想像するに、
太陽から遥々地球までやってきたS極単極磁力子が、浅瀬に留まり、深海にはたどり着けない、とは思えない。
それを遮る環境の激変が、浅瀬と深海の間に、存在しないだろう。と考える。
よって、【負の質量のS極単極磁力子は、深海にも存在する】(仮説①)といえるのではないだろうか。

3)圧電効果の存在 4)負の誘電率の存在
・上記文章を紐解くと、圧電効果が必ずしも条件ではなく、負の誘電率が存在することが必要条件。
ソマチッドの鉱物的組成は、「リン酸塩鉱物」「珪酸塩鉱物」等であり、この鉱物が負の誘電率を帯びる事が必要となる。(~微生物の起源-18 生命=秩序化する原理をもつもの~)

負の誘電率は、圧電効果がなくても、例えば、熱水噴出による急激な温度変化が負の誘電率を生じさせる可能性はないか。
【噴出口周囲は超高熱、高圧だが、吹き飛ばされた鉱物は、深海の冷水環境で急冷され、その急激な温度変化で帯電→周囲に電場を形成し→負の誘電率を生じるのではないか?】(仮説②)

しかし浅瀬説では、日光による海面の温度上昇と浅い海底との温度差、また浅瀬の波の「上下運動の繰り返し」が、電場を変化させ、負の誘電率を生じさせる。とあり、この電場の変化が起きない深海では、負の誘電率は生じない、となる。
↑↓
だが、深海のイメージをさらに膨らませると、
【深海熱水噴出口から吹き飛ばされた高熱の鉱物が急冷された後、再び降下→高熱環境に晒され→この繰り返し作用同等の状況同等の環境となり、負の誘電率を生じさせる。という可能性もあるのではないか?周辺の深海の環境も極めて不安定な電場であることは、想像に難しくない。】(仮説③)

以上、私なりの仮説①、②、③ が成立すれば、深海の熱水噴出口付近も、生命発祥の地といえるのではないだろうか。

(近日中に、佐野博士に質問してみたい)

by 佐藤有志

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

続きを読む "『微生物・乳酸菌関連の事業化に向けて』-45 ~微生物の起源-27 浅瀬、深海熱水噴出口の双方とも、生命発祥の起源ではないか(仮説)~"

posted by noublog at : 2017年12月28日 | コメント (0件) | トラックバック (0) List   

2017年12月19日

『微生物・乳酸菌関連の事業化に向けて』-44 ~微生物の起源-26 ソマチット=物理的生命体=単極磁石~

1219ソマチッドの衝撃

微生物の起源を追求する中で、ソマチットこそが起源だと特定する寸前まできています。

さて、今日は、これまでの追求に度々登場していただいている、佐野千遥博士の見識を紹介したいと思います。
その見識の幹になるのは、『ソマチット=物理的生命体=単極磁石』というもので、これは、これまでの物理学や、生物学という、暗黙の固有の枠組みにとらわれていた呪縛を超え、領域横断で追求を重ねたからこそ到達出来た新しい認識といえるもの、と捉えています。

以下に、佐野千遥博士による「ソマチット=物理的生命体=単極磁石」は科学における世界史的大発見!!
から、紹介します。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

続きを読む "『微生物・乳酸菌関連の事業化に向けて』-44 ~微生物の起源-26 ソマチット=物理的生命体=単極磁石~"

posted by noublog at : 2017年12月19日 | コメント (0件) | トラックバック (0) List   

2017年11月28日

『微生物・乳酸菌関連の事業化に向けて』-43 ~微生物の起源-25 生命エネルギーは酸化還元反応~

浅瀬か 深海か

生命を生み出した場所は、浅瀬なのか、深海の熱水噴出口付近なのか?

この点を解明する上で注目したのは電子で、その電子を生み出すゼーベック効果に着目した。(リンク

今日は、その視点を固定するために、 以下の認識を(リンク)から、紹介したい。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

続きを読む "『微生物・乳酸菌関連の事業化に向けて』-43 ~微生物の起源-25 生命エネルギーは酸化還元反応~"

posted by noublog at : 2017年11月28日 | コメント (0件) | トラックバック (0) List   

2017年09月05日

『微生物・乳酸菌関連の事業化に向けて』-42 ~微生物の起源-24 ゼーペック効果による電子発生と生命の起源~

 

ゼーベック効果

生命の発祥について。大きくは両極にある深海発症説と浅瀬発祥説を解明したい。
→ 過去記事~微生物の起源-21  生命発祥  「海底説」と「浅瀬説」~

前回、電子が鍵を握るのではないか?との仮説を立てたが、しかし、上記両案とも電子は発生している。
その一つの根拠はゼーベック効果にありそうだ。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

続きを読む "『微生物・乳酸菌関連の事業化に向けて』-42 ~微生物の起源-24 ゼーペック効果による電子発生と生命の起源~"

posted by noublog at : 2017年09月05日 | コメント (0件) | トラックバック (0) List   

2017年08月29日

『微生物・乳酸菌関連の事業化に向けて』-41 ~微生物の起源-23 ソマチッドは電子をエサにして活動している~

自由電子をエサとするソマチット
 ソマチッドが生命の起源。あるいは、ソマチッドは少なくとも生命の起源を解明する上で、何かしら関係している。と考えおり、当ブログでも数回取り上げています。
→~微生物の起源-2 ソマチッド
→~微生物の起源-3 ソマチッド2
→~微生物の起源-4 ソマチッド3

そのソマチッドを探る上で、重要と思われる記事がありましたので、紹介します。

その記事によると、ソマチッドは電流の「充電器」であり、ソマチッドは電子をエサにして活動しているというもの。
→ソマチッドがこれだけ電子との関連が深いということは、生命の発祥は、電子が発生し易い環境で生まれた。という仮説も成立すると思われます。
次回以降は、そのような環境にあるのはどこか、どのような環境か。という切り口でも探っていこうと思います。

以下、『所長のなんでもメモ帖・雑談日記』から、抜粋して引用します。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

続きを読む "『微生物・乳酸菌関連の事業化に向けて』-41 ~微生物の起源-23 ソマチッドは電子をエサにして活動している~"

posted by noublog at : 2017年08月29日 | コメント (0件) | トラックバック (0) List   

2017年08月16日

ブロックチェーンが農業を変える

img_1019_2

近年、注目を浴びている新たな技術「ブロックチェーン」。主に金融の分野においてその可能性が議論されてきていますが、実は農業の分野においても、生産~流通の仕組みを大きく変え、ひいては生産者と消費者の信頼関係を再構築していける可能性を秘めているようです。

ブロックチェーンは「農業革命」の火種となりうるかより、引用します。

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

ブロックチェーンはさまざまな分野への導入が期待されているが、金融以外の分野で目にする機会はまだ少ない。しかし、いまイノラボはブロックチェーンを「農業」に実装し始めている。それも日本の小さな町で。そこで起きつつあるのは、もしかすると新たな「農業革命」なのかもしれない。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

続きを読む "ブロックチェーンが農業を変える"

posted by noublog at : 2017年08月16日 | コメント (0件) | トラックバック (0) List   

2017年08月11日

『微生物・乳酸菌関連の事業化に向けて』-40 ~微生物の起源-22 スミルノフ物理学を理解するには~

磁力線 磁場と力

当ブログでは、スミルノフ物理学に依拠して、次々に新しい仮説を生み出している佐野千遥博士の論考を盛んに紹介しています。
現在、『微生物の起源≒生命の起源』を解明すべく取り組んでいますが、解明する上ではスミルノフ物理学の根幹を理解しなければ仮説も深まらないと思い、以下に、一部を引用します。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

続きを読む "『微生物・乳酸菌関連の事業化に向けて』-40 ~微生物の起源-22 スミルノフ物理学を理解するには~"

posted by noublog at : 2017年08月11日 | コメント (0件) | トラックバック (0) List